2008年07月11日

夏目漱石

1867年(慶応3年)、夏目漱石が江戸の牛込馬場下で、数代前から続く町方名主、夏目小兵衛直克(なつめこへえなおかつ)の末子として出まれる。本名は金之助(きんのすけ)。1984年(昭和59年)から2004年(平成16年)まで、千円札に肖像が採用される。

【暗記用俳句】 ♪千円は お払い箱さ いや虚(1867)し

posted by Super源さん at 07:47 | Comment(0) | 日本史年表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。