2008年09月04日

明暦の大火

1657年(明暦3年)、延焼面積・死者共に江戸時代最大級の火災が起こる。この火事の後、災害対策として武家屋敷・大名屋敷の移転、寺社の移動、市区改正、火除地(ひじょち)・広小路(ひろこうじ)の設置などが行なわれる。明暦の大火は、別名振袖火事、丸山火事とも呼ばれる。

【暗記用俳句】 ♪命令利き 広小路な(1657)ど 作ります

posted by Super源さん at 07:57 | Comment(0) | 日本史年表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。