ようこそ!

皆さんこんにちは! 「俳句で覚える歴史年表」へ、ようこそいらっしゃいました!
ここでは、覚えにくい歴史年表を「ゴロ合わせ俳句」で楽しく覚える方法をご紹介します。
ゴロ合わせ俳句というのは、暗記句を五文字または七文字で作り、日本人になじみ深い俳句に組み込んだものです。
つまり、俳句形式のゴロ合わせです。
このようにすることで、よくある通常のゴロ合わせよりも、覚えやすく忘れにくいという効果が期待できます。
中学校で学ぶ年表のほか、社会人の教養のためのオリジナル年表も公開しています。
最重要年表は、暗記を助けるほのぼの系の2コマ漫画つきです(現在、鋭意製作中!)。
さあ、このサイトで、五・七・五のリズムに乗って、日本史年表も世界史年表も、スイスイ覚えてしまいましょう!
 
 

2019年11月28日

東大寺の大仏完成−今日のゴロ合わせ俳句年表

752年、奈良の東大寺の大仏が完成する。

【暗記用俳句】 ♪東大寺 なごみに(752)行こう 大仏殿

大仏の鋳造(ちゅうぞう)が始まったのは747年(天平19年)で、この頃から「東大寺」の寺号が用いられるようになったと考えられている。また、東大寺建設のための役所である「造東大寺司」が史料に見えるのは、748年(天平20年)が最初である。

聖武天皇(しょうむてんのう)が大仏造立の詔(みことのり)を発したのは、それより前の743年(天平15年)のことで、当時、都は恭仁京(現・京都府木津川市)に移されていたが、天皇は恭仁京の北東に位置する紫香楽宮(現・滋賀県甲賀市信楽町)におり、大仏造立もここで始められた。聖武天皇は短期間に遷都(せんと)を繰り返したが、2年後の745年(天平17年)に都が平城京(へいじょうきょう)に戻ると共に、大仏造立も現在の東大寺の地で改めて行なわれることとなった。この大事業を推進するには、幅広い民衆の支持が必要であったため、朝廷から弾圧(だんあつ)されていた行基(ぎょうき)を大僧正(だいそうじょう)として迎えて協力を得た。

752年(天平勝宝4年)、難工事の末、大仏の鋳造(ちゅうぞう)が終了し、インド出身の僧・菩提僊那(ぼだいせんな、ボーディセーナ)を導師として大仏開眼会(だいぶつかいげんえ)が行なわれた。そして、その後大仏殿の建設工事が始められた。大仏殿の竣工(しゅんこう)は758年(天平宝字2年)のことである。

posted by Super源さん at 19:38 | Comment(0) | 日本史年表

2019年11月27日

日米和親条約−今日のゴロ合わせ俳句年表

1854年、日米和親条約が結ばれる。下田(静岡県)、函館(北海道)の2港を開く。

【暗記用俳句】 ♪一夜越し(1854) ワシの条約 締結だ

日米和親条約 2コマ漫画

日米和親条約(にちべいわしんじょうやく)は、1854年3月31日(嘉永7年3月3日)に、江戸幕府とアメリカ合衆国が締結した条約である。神奈川条約とも呼ぶ。日本側全権は林復斎(大学頭)、アメリカ側全権は東インド艦隊司令長官のマシュー・ペリーである。この条約によって、日本は下田と箱館(現在の函館)を開港し、鎖国体制は終焉(しゅうえん)を迎えた。

同年3月4日(2月6日)、幕府は武蔵国久良岐郡横浜村字駒形(現・横浜開港資料館所在地)に応接所を設置し、約1ヶ月にわたる協議を行なった末、同年3月31日(3月3日)に全12か条からなる日米和親条約を締結、調印した。

その後、伊豆国下田(現・静岡県下田市)の了仙寺へ交渉の場を移し、同年6月17日(5月22日)に和親条約の細則を定めた下田条約(全13か条)を締結した。

posted by Super源さん at 18:56 | Comment(0) | 日本史年表

2019年11月26日

天保の改革−今日のゴロ合わせ俳句年表

1841年、老中水野忠邦が天保の改革をはじめる。株仲間の解散、人返し令、上知令。

【暗記用俳句】 ♪天保の 改革初めは(18−) よい(41)テンポ
天保の改革 2コ漫画

天保の改革(てんぽうのかいかく)は、江戸時代の天保年間(1830年 - 1843年)に行なわれた改革で、享保の改革、寛政の改革に並び、江戸時代の三大改革の1つに数えられる。貨幣経済の発達に伴って逼迫(ひっぱく)した幕府財政の再興を目的とした。また、この時期には諸藩でも藩政改革(はんせいかいかく)が行なわれた。

天保年間には、全国的な凶作による米価・物価高騰や天保の大飢饉、百姓一揆や都市への下層民流入による打ち壊しが起こっており、天保7年(1836年)には甲斐国における天保騒動や三河加茂一揆、翌天保8年には大坂での大塩平八郎の乱などの国内事情に加え、阿片戦争やモリソン号事件など対外的事件も含め、幕政を揺るがす事件が発生していた。

天保12年(1841年)に大御所家斉が薨去し、水野忠邦は林・水野忠篤(みずのただあつ)・美濃部ら西丸派や大奥に対する粛清(しゅくせい)を行なって人材を刷新(さっしん)し、農本思想基本とした天保の改革が開始される。同年5月15日に将軍徳川家慶は享保・寛政の改革の趣意に基づく幕政改革の上意を伝え、水野は幕府各所に綱紀粛正(こうきしゅくせい)と奢侈禁止(しゃたきんし)を命じた。この改革は、江戸町奉行の遠山景元(とおやまかげもと)・矢部定謙(やべさだのり)を通じて江戸市中にも布告され、華美(かび)な祭礼や贅沢(ぜいたく)・奢侈はことごとく禁止された。

この改革が行なわれた頃は、既に幕府の権威が低下してきていたことに加えて、財政のみならず行政面などの問題点が多かったため、大奥の改革への妨害があり、結果的に改革が煩雑となってしまい、社会を混乱に導き、失敗と判断された。さらに、水野失脚後に株仲間が再興されたことで、幕府の権力が商業資本の前に自己の政策を貫徹(かんてつ)できなかったという、幕藩体制にとっては悪しき先例を残す結果となった。

posted by Super源さん at 18:37 | Comment(0) | 日本史年表

2019年11月25日

遣唐使の停止−今日のゴロ合わせ俳句年表

894年、菅原道真の意見により遣唐使を停止する。

【暗記用俳句】 ♪検討し 白紙(894)に戻す 遣唐使

遣唐使の停止 2コマ漫画 width=

遣唐使は、630年から894年の約250年の間に19回任命され、そのうち15回実施された。そして、遣唐使がもたらした情報は、奈良時代から平安時代の初期に、日本の政治・社会・文化に対する大きな刺激となった。その間、日本は漢文化を受容(じゅよう)して貴族文化を形成したが、9世紀後半になると、黄巣の乱が起きて唐は衰退、日本の律令政府(りつりょうせいふ)にとっても遣唐使を派遣することが負担となってきた。
そこで、宇多天皇のときに、遣唐使に任命された菅原道真が遣唐使の停止を進言し、その結果、894年をもって停止されることとなった。

実は、894年に遣唐使は停止されていない?

実は、894年に何故遣唐使が停止されたのか、そのはっきりした理由は良く分かっていない。それどころか、学校で習う(このページでも取り上げている)「894年 遣唐使停止」というのも、厳密には違う可能性がある。

984年、日本では遣唐使の派遣を計画していて、確かにその計画は中止された。そして、その時の代表者が菅原道真(すがわらのみちざね)であり、中止を提案したのも菅原道真である。ここまでは確かだが、中止後も菅原道真の大使としての任は解かれなかった。ということは、中止は一時的なもので、894年時点では遣唐使自体は停止にまで至っていなかった可能性がある。

大使であった菅原道真は、901年に藤原時平(ふじわらのときひら)との政争(せいそう)に敗れ、大宰府(だざいふ)へ左遷(させん)されるが、同時に遣唐使の大使という任も自然消滅してしまう。そして、その後大使として任命される人物も登場せず、遣唐使の派遣計画も自然消滅してしまった。
つまり、「遣唐使は停止する!」と誰かがきっぱりと決めたわけではなく、自然と派遣計画が消滅していったため、何故停止されたのか、いつ停止されたのか、明確に分かっていないのである。

posted by Super源さん at 18:47 | Comment(0) | 日本史年表

2019年11月24日

コロンブス、アメリカ大陸を発見−今日のゴロ合わせ俳句年表

1492年、コロンブスがアメリカ大陸を発見する。西インド諸島を発見。

【暗記用俳句】 ♪このブス子 意欲に(1492)燃えた 大航海

コロンブス、アメリカ大陸を発見 2コマ漫画

そもそも、コロンブスは何故航海に出た?

大航海に出たコロンブス。その目的は、西廻りで東インドに至る航路を確保し、アジアとの香辛料貿易(こうしんりょうぼうえき)を確立することであった。目的は達成できなかったが、コロンブスはその代わりに、新大陸アメリカを発見することになる。彼のスポンサーはスペイン王室で、スペインにとってポルトガルとオスマン帝国との対抗上、アジア貿易に乗り出すには西廻り航路が不可欠だったのだ。

コロンブスが、サン・サルバドル島を発見したのは10月11日。出航から100日目のことであった。船には1年分の食糧を積み込んでいたとはいえ、地図のない海を100日間も航海するのは、コロンブスを含む船員たちにとって、相当恐怖であったろうことは想像できる。この期間が短かったのか長かったのかはさておき、コロンブスがここまで航海を続けることができたのは、「3本マストのキャラベル船」という当時最新鋭の船であったことも大きく影響しているだろう。

posted by Super源さん at 20:53 | Comment(0) | 世界史年表