2007年01月13日

富士山大噴火−今日のゴロ合わせ俳句年表

1707年、富士山が大噴火する。

【暗記用俳句】 ♪富士山が 火生々(1707)しく 大噴火

江戸時代中期の1707年(宝永4年)、富士山が大噴火した。この噴火を宝永大噴火(ほうえいだいふんか)と呼び、2019年現在、最も新しい富士山の噴火となっている。宝永大噴火は、約2週間続き、総噴出量は約7×108 m3と推定されている。

この噴火による直接の死者は記録されていないが、富士山から噴き出した溶岩石による火災などで、甚大な被害をもたらした。

宝永大噴火は、実は「3回目」の噴火だった?

宝永大噴火は、実は富士山の3回目の噴火である。1回目は平安時代に発生した「延暦(えんりゃく)の大噴火(800年 - 802年)」、2回目は同じく平安時代に発生した「貞観(じょうがん)の大噴火(864年 - 866年)」で、3回目がこの宝永大噴火だ。そして、これらの噴火を合わせて、「富士山三大噴火」と呼んでいる。
前述したように、この宝永の大噴火以後、富士山は噴火していない。



posted by Super源さん at 21:34 | Comment(2) | 日本史年表
この記事へのコメント
すごいです、これ、Super源さんさんが
考えて作られるのですかぁ?
近代の事件もあり、面白いです!

遅くなりましたが、3日
お誕生日おめでとうございます(・o・)/
Posted by 飛香庵 at 2007年01月14日 10:12
飛香庵さん、いらっしゃいませ。(^^)
コメントありがとうございます。

はい。このサイトでは、私が今までに培った英単語のゴロ合わせ作成のノウハウを生かし、歴史年表を覚えるための句を作っていきます。(^^)v
でき次第、随時アップしていきますので、どうぞご期待ください。

わーい。o(^-^)o 誕生日のお祝いの言葉、ありがとうございます。
今年は、何故か皆さんに忘れ去られてしまったようで、ちょっぴり淋しい思いをしてました。(^O^)
Posted by Super源さん at 2007年01月15日 13:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。