2019年11月28日

東大寺の大仏完成−今日のゴロ合わせ俳句年表

752年、奈良の東大寺の大仏が完成する。

【暗記用俳句】 ♪東大寺 なごみに(752)行こう 大仏殿

大仏の鋳造(ちゅうぞう)が始まったのは747年(天平19年)で、この頃から「東大寺」の寺号が用いられるようになったと考えられている。また、東大寺建設のための役所である「造東大寺司」が史料に見えるのは、748年(天平20年)が最初である。

聖武天皇(しょうむてんのう)が大仏造立の詔(みことのり)を発したのは、それより前の743年(天平15年)のことで、当時、都は恭仁京(現・京都府木津川市)に移されていたが、天皇は恭仁京の北東に位置する紫香楽宮(現・滋賀県甲賀市信楽町)におり、大仏造立もここで始められた。聖武天皇は短期間に遷都(せんと)を繰り返したが、2年後の745年(天平17年)に都が平城京(へいじょうきょう)に戻ると共に、大仏造立も現在の東大寺の地で改めて行なわれることとなった。この大事業を推進するには、幅広い民衆の支持が必要であったため、朝廷から弾圧(だんあつ)されていた行基(ぎょうき)を大僧正(だいそうじょう)として迎えて協力を得た。

752年(天平勝宝4年)、難工事の末、大仏の鋳造(ちゅうぞう)が終了し、インド出身の僧・菩提僊那(ぼだいせんな、ボーディセーナ)を導師として大仏開眼会(だいぶつかいげんえ)が行なわれた。そして、その後大仏殿の建設工事が始められた。大仏殿の竣工(しゅんこう)は758年(天平宝字2年)のことである。

posted by Super源さん at 19:38 | Comment(0) | 日本史年表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。