2007年02月02日

聖徳太子、摂政となる−今日のゴロ合わせ俳句年表

593年、聖徳太子が推古天皇の摂政となる。

聖徳太子(574〜622年)は飛鳥時代、用明天皇の皇子であり、推古天皇の摂政で 厩戸皇子(うまやどのおうじ)の名でも知られる。聖徳太子が摂政となったのは20歳の時で、日本で初めての女性天皇である推古天皇の時代であった。

聖徳太子はまた、冠位十二階や十七条憲法の制定、遣隋使の派遣による隋との国交の開始など数多の功績を持つ伝説の摂政であり、さらに法隆寺や四天王寺などを建立し、仏教の布教による国内の統一にも尽力(じんりょく)した。

近年では、1930年(昭和5年)に100円札として登場して以来、長らく紙幣の顔として日本人に親しまれており、歴史上の人物の中でも、特に知名度が高い。

【暗記用俳句】 ♪国民(593)的 聖徳太子が 摂政に

タグ:聖徳太子
posted by Super源さん at 21:19 | Comment(0) | 日本史年表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。