2007年02月13日

壬申の乱−今日のゴロ合わせ俳句年表

672年、壬申の乱が起こる。天智天皇の弟(大海人皇子)が子(大友皇子)を破る。

【暗記用俳句】 ♪自信持て ひるむな突っ(672)込め 皇子たち

壬申の乱(じんしんのらん)は、天武天皇元年6月24日 - 7月23日に起こった古代日本最大の内乱である。天智天皇の太子・大友皇子(弘文天皇の称号を追号)に対し、皇弟・大海人皇子(後の天武天皇)が兵を挙げて勃発(ぼっぱつ)した。反乱9者である大海人皇子が勝利するという、日本では例の少ない内乱であった。「壬申の乱」の名称の由来は、天武天皇元年が干支で壬申(じんしん、みずのえさる)当たることによる。

この乱の原因として、いくつかの説が挙げられている。
1.皇位継承紛争
2.白村江の敗戦
3.額田王をめぐる不和
4.九州主戦場説



posted by Super源さん at 20:51 | Comment(0) | 日本史年表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。