2007年02月24日

源頼朝、鎌倉幕府を開く−今日のゴロ合わせ俳句年表

1192年、源頼朝が征夷大将軍になり、鎌倉幕府を開く。武家政治の始まり。

鎌倉幕府は、のちに征夷大将軍となる源頼朝(みなもとのよりとも)が創始し、北条時政・北条義時らを中心とした坂東武士が鎌倉に設立した幕府である。頼朝の死後、御家人の権力闘争によって頼朝の嫡流は断絶。その後は義時の嫡流である得宗が同幕府の支配者となった。武家政権は室町幕府・江戸幕府へと継承された。

ちなみに、当時は武家政権を「幕府」と呼んでいたわけではなく、朝廷・公家は「関東」と呼び、武士からは鎌倉殿、一般からは「武家」と称されていた。「吾妻鏡(あづまかがみ)」に征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)館を「幕府」と称している例が見られるように、もともと幕府というのは「将軍の陣所、居館」を指す言葉である。武家政権を幕府と称したのは、江戸時代後半、幕末になってからのことで、鎌倉幕府という言葉が登場するのは、1887年(明治20年)以降とされる。

【暗記用俳句】 ♪頼朝が いい国(1192)つくる 誠意もち

タグ:鎌倉幕府
posted by Super源さん at 23:47 | Comment(0) | 日本史年表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。