2019年11月16日

太閤検地−今日のゴロ合わせ俳句年表

1582年、豊臣秀吉が太閤検地(たいこうけんち)を始める。

【暗記用俳句】 ♪太鼓打ち イチゴ(15-)と始(82)める 太閤検地

太閤検地 2コマ漫画

太閤検地は、豊臣秀吉が行なった政策のひとつで、天正10年(1582)に始められた。1歩を6尺3寸四方、300歩を1反、田畑の等級を上・中・下・下々の四段階と定め、枡 (ます) を京枡に一定して石高を算定し、耕地1筆ごとに耕作者を検地帳に記載し、年貢負担者を確定した。

これにより、荘園制下の所有関係が整理されるとともに、近世封建制度の基礎が確立された。太閤検地は、「天正の石直し」ともいわれる。

なお、豊臣秀吉が行なった他の政策には、刀狩(かたながり)、バテレン追放令の実施などがある。

posted by Super源さん at 11:09 | Comment(0) | 日本史年表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。