2019年11月01日

司馬遼太郎誕生−今日のゴロ合わせ俳句年表

1923年(大正12年)、司馬遼太郎(しば りょうたろう)が大阪府大阪市に生まれる。小説家、ノンフィクション作家、評論家。本名は福田定一(ふくだ ていいち)。

【暗記用俳句】 ♪物書きは 育児さ(1923)ながらの 重労働

司馬遼太郎誕生 2コマ漫画
※物書き、特に歴史小説作家というものは、資料集めに駆け回ることが多く、思いのほか重労働です。それはさながら、育児にてんてこ舞いする母親のようです。

司馬遼太郎は、産経新聞社記者として在職中に、『梟(ふくろう)の城』で直木賞を受賞し、歴史小説に新風を送る。代表作には『竜馬がゆく』『国盗り物語』『燃えよ剣』『坂の上の雲』などがある。

ちなみに、司馬遼太郎のペンネームは、「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる太郎(日本男子の意)」に由来する。



posted by Super源さん at 20:01 | Comment(0) | 日本史年表

2019年10月23日

田沼意次誕生−今日のゴロ合わせ俳句年表

1719年、(享保4年)に生まれる。江戸時代中期の政治家。第9代将軍徳川家重の小姓、第10代将軍家治の側用人となり、老中まで出世した。
幕府の政治の実権を握ると、それまでの質素・倹約から、商業を重視して財政再建をはかろうとした。

【暗記句】 「いない(171-)いない、ばぁ!」 田沼意次 あやすQ(9)ちゃん

※オバケのQ太郎が、その大きな目で田沼意次を「いないいない、ばぁ!」とあやすと、田沼意次赤ちゃんは笑顔を顔いっぱいに広げ、それはそれはもう楽しそうに笑うのでした。Qちゃんって、すごっ!
posted by Super源さん at 17:17 | Comment(0) | 日本史年表

2015年04月15日

ラジオ体操−今日のゴロ合わせ俳句年表

1928年、ラジオ体操始まる。
ラジオ体操とは、ラジオでピアノによる伴奏と号令を放送し、公園等に集まった人たちがそれを聴きながら行なう体操。NHKで、1928年に始まった。

【暗記用俳句】 公園で い(1-)い靴履(928)いて 体操だ

※初期のラジオ体操は、既にあった徒手体操を指導員の号令のみで行なうもので、伴奏はありませんでした。
posted by Super源さん at 23:19 | Comment(0) | 日本史年表

2014年07月22日

沖縄に雪が降る−今日のゴロ合わせ俳句年表

1977年2月17日、沖縄本島の西にある久米島(くめじま)の観測所にてみぞれが観測される。

みぞれは観測分類上「雪」となるので、沖縄に雪が降ったことになる。


【暗記用俳句】 ♪「風邪引くな(197-) ナ(7)ハッ!」とせんみつ めんそーれ

※「せんみつ」とは、「ナハッ!」の生みの親であるタレント・コメディアン、せんだみつおのことです。(^^)
 
posted by Super源さん at 21:49 | Comment(0) | 日本史年表

2013年08月13日

美空ひばり誕生−今日のゴロ合わせ俳句年表

1937年、神奈川県横浜市磯子区滝頭の魚屋「魚増」を営む父・加藤増吉、母・喜美枝の長女として生まれる。

11歳で正式にレコードデビューを果たし、12歳で映画主演『悲しき口笛』(松竹)が大ヒット、同主題歌も45万枚売れ(当時の最高記録)、国民的認知度を得る。

1960年、『哀愁波止場』で第2回日本レコード大賞歌唱賞を受賞、「歌謡界の女王」の異名をとる。

【暗記用俳句】 ♪クラッカー 引く皆(1937)ひばりの 誕生日

posted by Super源さん at 21:31 | Comment(0) | 日本史年表

2011年04月05日

東日本大震災−今日のゴロ合わせ俳句年表

2011年(平成23年)3月11日14時46分ごろ、日本の太平洋三陸沖を震源としてマグニチュード9.0の大地震が発生する。発生した日付から3.11(さんてんいちいち)と称することもある。

東日本大震災による被害は、地震そのものによる被害に加え、津波・火災・液状化現象・福島第一原子力発電所事故など多岐に渡り、1都9県が災害救助法の適用を受けた。

この地震による死者・行方不明者数は合わせて2万7千人を超えており、この数字は関東大震災の10万5,385人に次ぐもので、阪神・淡路大震災の6,437人を優に超える。

地震による停電で、原子炉を冷却できなくなった東京電力福島第一原子力発電所は、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)を発生。大量の放射性物質の漏洩を伴う原子力事故に発展した。この原子力事故の深刻度は、1986年(昭和61年)に起こったチェルノブイリ原発事故と同等以上とされる。

【暗記用俳句】 ♪震災で 一息(11)つけば 放射能

 
posted by Super源さん at 21:22 | Comment(0) | 日本史年表

2009年07月13日

太宰治誕生−今日のゴロ合わせ俳句年表

1909年、太宰治(だざいおさむ)が青森県北津軽郡金木村(現在の青森県五所川原市、旧北津軽郡金木町)に生まれる。昭和を代表する日本の小説家。本名は津島修治(つしましゅうじ)。

主な作品に、「走れメロス」「津軽」「お伽草紙」「斜陽」「人間失格」などがある。
1948年、玉川上水にて愛人の一人山崎富栄(やまざきとみえ)と入水(じゅすい)自殺。

【暗記用俳句】 ♪メロス行く!(19-) わく(09)わくしつつ 津軽まで

 
posted by Super源さん at 12:18 | Comment(0) | 日本史年表

2009年05月03日

和同開珎−今日のゴロ合わせ俳句年表

708年、日本初の流通貨幣とされる和同開珎が生まれる。武蔵国秩父郡から和銅(純度が高く精錬を要しない自然銅)が献上されたのを喜んだ朝廷は、年号を「慶雲」から「和銅」に改元し、和同開珎を発行する。

【暗記用俳句】 ♪開珎で 生ハ(708)ム買うのわ どうかいな?

和同開珎(わどうかいちん)は、直径24mm前後の円形をしており、中央には一辺が約7mmの正方形の穴が開いている。表面には、時計回りに和同開珎と表記されており、裏は無紋である。この形は、621年に発行された唐の開元通宝を手本としたもので、書体も同じである。律令政府が定めた通貨単位である1文として通用した。当初は、1文で米2kgが買えたといわれ、また新成人1日分の労働力に相当したとされる。

和同開珎を発行はしたものの、通貨というものになじみがない当時の人々の間でなかなか流通しなかったため、政府は流通を促(うなが)すために税を貨幣で納めさせたり、地方から税を納めに来た旅人に旅費としてお金を渡すなどのさまざまな手を打ち、711年(和銅4年)には蓄銭叙位令(ちくせんじょいれい)が発布された。これは、従六位以下のものが十貫(1万枚)以上蓄銭した場合には位を1階、二十貫以上の場合には2階進めるというものである。しかし、これは流通促進とは矛盾しており、銭の死蔵を招いたため、800年(延暦19年)に廃止された。

 
posted by Super源さん at 20:57 | Comment(2) | 日本史年表

2008年09月04日

明暦の大火−今日のゴロ合わせ俳句年表

1657年(明暦3年)、延焼面積・死者共に江戸時代最大級の火災が起こる。この火事の後、災害対策として武家屋敷・大名屋敷の移転、寺社の移動、市区改正、火除地(ひじょち)・広小路(ひろこうじ)の設置などが行なわれる。明暦の大火は、別名振袖火事、丸山火事とも呼ばれる。

【暗記用俳句】 ♪命令利き 広小(165-)路な(7)ど 作ります


posted by Super源さん at 07:57 | Comment(0) | 日本史年表

2007年12月31日

十七条憲法−今日のゴロ合わせ俳句年表

604年、聖徳太子が十七条憲法を(じゅうしちじょうけんぽう)を制定する。十七条憲法は、わが国最古の法律で、今日の憲法とは異なり、官僚や貴族に対する道徳的な規範(きはん)が示されている。

十七条憲法は、604年に聖徳太子が作ったとされる17条からなる法文である。十七条憲法は、十七条の憲法(じゅうしちじょうのいつくしきのり)ともいわれる。『日本書紀』、『先代旧事本紀』には、「十二年…夏四月丙寅朔 戊辰 皇太子親肇作憲法十七條」と記述されており、『日本書紀』には全17条が記述されている。この「皇太子」は、「厩豐聰爾皇子」すなわち聖徳太子を指している。

十七条憲法は、憲法の名を冠(かん)してはいるが、政府と国民との関係を規律する近代の憲法とは異なり、官僚や貴族に対する道徳的な規範が示されたもので、行政法としての性格が強い。また、神道に儒教(じゅきょう)・仏教の思想が習合(しゅうごう)されており、法家・道教の影響も見られる。

【暗記用俳句】 ♪官僚に 詠むワシ(604)の句は 十七字

posted by Super源さん at 22:57 | Comment(0) | 日本史年表
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。